和泉惺翔ブログ

シンプルライフ・断捨離・片づけなどを実践する子育てパパの和泉惺翔(せいしょう)のブログです。

大切な服を一着、断捨離しました

今日、大切なを一着、断捨離しました。

もう何年着ているでしょうか?

4〜5年にはなると思います。

家族との思い出がたくさんつまった服です。

今日は大切な服を断捨離して感じたことをお話しします。

 

 

大切な服の断捨離とは

私が今回断捨離した服はこの服です。

f:id:kazpa01:20190109113556j:plain

薄手の白い長袖です。

カーディガンとセットで、妹にプレゼントでもらったもので、ここ数年大切に使ってきました。

特別、高価な服ではありません。

ただ、普段はビジネスマンでスーツを着こなす生活の中で、このようなカジュアルな服を着られる私生活というのは、私にとっては特別で、家族と一緒に過ごせるとても大切な時間でした。

この服は、家族とお出かけするときによく着ていたので、この服を見るといろんな思い出もよみがえってきます。

ですから、少し躊躇する思いもありましたが、さすがに何年も着ていると傷んできたので、やむなく断捨離を決断したのでした。

大切な服を断捨離した理由

この服を断捨離しようと思った理由は2点あります。

まず、一点は首のあたりに穴が2か所開いてしまったことです。

f:id:kazpa01:20190109113616j:plain

そしてもう一点は、襟がかなり傷んでボロボロになってしまったこと。

f:id:kazpa01:20190109113631j:plain

とてもお気に入りの服でしたが、さすがにここまで傷んでしまったら、人前で着るのも勇気がいります。

たくさんの思い出を胸に秘めて、感謝して捨てることにしました。

大切な服を断捨離して感じたこと

思い入れのある大切な服を断捨離して感じたことは、「心から愛情を注いで使ったものは、手放しても悲しくない」ということです。

むしろ、十分使わせていただいたという充足感すらあります。

逆に、中途半端に使ったものほど、意外と未練があり捨てづらいのではないでしょうか?

一着、一着、心をこめて使うこと。

それが服の断捨離の本質なのかもしれません。

 

断捨離の役立つ記事はこちらにもあります。

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ
断捨離でゆとり生活
にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

まとめ

今回、お気に入りの服を断捨離して、大切なことを学ばされました。

服は一着、一着、心をこめて使えば、捨てることも苦ではありません。

十分使うことができたら感謝して捨てましょう。

以上、大切な服を断捨離して感じたことでした。

あなたの暮らしの参考になれば幸いです。