和泉惺翔ブログ

シンプルライフ・断捨離・片づけなどを実践する子育てパパの和泉惺翔(せいしょう)のブログ

【アプリの断捨離】iPhoneのアプリ23個を削除、ホーム画面をスッキリさせる工夫とは?

iPhoneスマホアプリ、全部使っていますか?

便利だと思ってダウンロードしても、あまり使っていないアプリはないでしょうか。

私はiPhoneに入っているアプリをこれまでかなり断捨離削除)してきましたが、まだまだ不要なアプリがたくさんありました。

しかも、iOSがバージョンアップされるごとに、新たなアプリが登場して、使わないアプリが増えていく一方なのです。

そこで今回、思い切ってiPhoneに入っているアプリを23個も消してしまいました。

この記事では、私がどんな基準でアプリを消したのか、消してよいアプリと消せないアプリの種類、ホーム画面を使いやすくする工夫などについてご紹介したいと思います。

▼ブログ応援していただけるとうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

私がiPhoneのアプリを削除した基準

私がiPhoneアプリを削除した一つの基準は「そのアプリを使うかどうか」です。

主に、以下のようなアプリは削除しました。

  • これまで一度も使ったことがないアプリ
  • 過去に使ったことがあるが今は使っていないアプリ
  • そもそも使い道がわからないアプリ

つまり、今の自分にとってはみな不要なアプリたちです。

逆に、以下のようなアプリは残しました。

  • 現役でバリバリ使っているアプリ
  • 仕事上必要なアプリ
  • 毎日は使わないが定期的に開くアプリ

以下、今回削除したアプリの内訳です。

  • エンタメ系アプリ 1個
  • ニュース系アプリ 1個
  • 家計簿アプリ 2個
  • カメラアプリ 2個
  • 店舗のアプリ 1個
  • SNS系アプリ 3個
  • iPhoneの純正アプリ 13個
  • 合計 23個

消してよいアプリと消せないアプリ

アプリを消すことは、iPhoneの容量圧迫を防ぎ、iPhoneをより快適に使うために役立ちます。

また、アプリが厳選されることで、必要なアプリを迷わず選べるといったメリットもあります。

しかし、すべてのアプリを消すことはできるのでしょうか。

実は、iPhoneには消してよいアプリと消せないアプリがあるのです。

ためしに、iPhoneのアプリのどれかを長押ししてみてください。

すると、アプリのアイコンがプルプル震え始めます。

このとき、アイコンの左上にバツ(×)印がついたものは消せるアプリです。

逆に、バツ印がついていないアプリは消せないアプリになります。

f:id:kazpa01:20181214074151j:plain

iPhoneの純正アプリは消しても大丈夫なのか?

ここで一つの疑問がわいてきます。

iPhoneに標準で入っている純正アプリ(カレンダーやマップ、天気など)は消しても大丈夫なのだろうか? ということです。

私はこれまで、明らかに消しても支障はないだろうという純正アプリはすでに消していました。

しかし、どうしても判断がつかなった純正アプリもたくさんありました。

iPhone純正アプリを削除して、機種に異常が起きたらどうしようという漠然とした不安があったのです。

そこで今回調べたところ、iPhoneの純正アプリを消してもまったく問題がないことがわかりました。

大変参考になったのが以下のサイトです。

strwire.com

このサイトによると、以下のiPhone純正アプリは削除できるそうです。

f:id:kazpa01:20181214074220p:plain

また、仮に間違って削除してしまっても、またインストールできますし、iPhoneが壊れるということはありませんので、ご安心ください。

私もこのサイトを参考に、使わない純正アプリを13個削除することができました。

ホーム画面を使いやすくする工夫も

不要なアプリがなくなったら、次は手元にあるアプリを使いやすくすることが大切です。

まず、使用頻度の高いアプリは指が届きやすい場所(親指でタップしやすい場所)に置き、同じようなアプリが複数ある場合やグループ化できるものはひとまとまりにすると管理しやすいです。

▼よく使うアプリは手が届くところに

f:id:kazpa01:20181214074450j:plain

▼グループ化できるものはひとまとめに

f:id:kazpa01:20181214074512j:plain

【説明】グループ化:アプリのアイコン同士を重ね合うと自動でグループ化ができます。グループ名は自由に変更できます。

また、iPhoneのホーム画面はスワイプ(画面上を指で滑らせる操作)によって、左右にたくさんアプリを置けるようになっていますが、私は基本的に最初のホーム画面だけにアプリを表示させるようにしています。

アプリを開くたびに、わざわざ左右にスワイプするのが面倒だと思ったからです。

今回、iPhoneのアプリを削除し、ホーム画面を整理した結果、以下のようになりました。

f:id:kazpa01:20181214074538j:plain

このホーム画面上に私のすべてのアプリが入っています。

すべてのアプリが一覧できるうえ、使いたいアプリまでワンタッチでアクセスできます。

格段に使いやすくなりました。

iPhoneやスマホはいつも手元にあるものだから、アプリをスッキリ片づけると、気持ちも本当にスッキリしますね。

あなたのiPhoneやスマホにも不要なアプリがあれば、一度消してみてはいかがでしょうか?

不要なアプリを消すことで、自分に本当に必要なものが見えてくるかもしれません。

以上、【アプリの断捨離】iPhoneのアプリ23個を削除、ホーム画面をスッキリさせる工夫とは? という記事でした。

参考になれば幸いです。