和泉惺翔ブログ

シンプルライフ・断捨離・片づけなどを実践する子育てパパの和泉惺翔(せいしょう)のブログ

【服の収納術】100均で手作りクローゼットを作るときの注意点

わが家の断捨離・片づけ・収納計画の中で、100均で作れる簡単なクローゼット作り方についてご紹介しました。

www.simplemylife.net

この手作りクローゼットですが、実は一つ、大きな注意点がありました。

この注意点を見逃してしまうと、せっかくクローゼットを作ってもがっかりしてしまうかもしれません。

この記事では、その注意点について具体的にお知らせします。

▼ブログ応援していただけるとうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

注意点:耐荷重を超える服をかけないこと

その注意点とは、耐荷重を超える重さの服をかけないことです。

当たり前のことですが、使っていると意外とこの点を忘れがちになります。

私もクローゼットを作った後、この2か月間ほどで3〜4回、クローゼットが重さに耐えきれずに崩壊したことがありました。つっぱり棒が服もろとも床までドスンと落ちてしまったのです。

100均でクローゼットを作るのは簡単ですが、この耐荷重の点だけはよく注意した方がよいです。

100均の伸縮式つっぱり棒の耐荷重は約6kg

私が使用した100均の伸縮式つっぱり棒は耐荷重が約6kgでした。

f:id:kazpa01:20181212051051j:plain

つまり、6kg以上の重さには耐えきれないということです。

では、実際に私たちの服はどれぐらいの重さがあるのでしょうか?

参考として、私のダウンジャケットを測ってみたら、700gありました。

f:id:kazpa01:20190130165727j:plain

私の妻のダウンコートは800gでした。

f:id:kazpa01:20190130165904j:plain

つまり、ダウンジャケットやコートをクローゼットにかけた場合、4〜5着ですぐに3〜4kgをこえてしまうのです。

これに、シャツやスーツ、ハンガーなどを加えたら、あっという間に耐荷重をオーバしてしまいます。

これは、私も経験して初めて実感しました。

私たちが着ている洋服は重いのです。

よく考えれば、そんなに着飾る必要もないのにですね。

ですから、手作りクローゼットを使う場合には、たくさん服をかけすぎないことに気をつけてください。

よく着るレギュラーのシャツやアウターをクローゼットにかけて、普段着ないシーズンオフにの服やスーツなどは床に置くタイプのパイプハンガーにかけておくのがおすすめです。

f:id:kazpa01:20190130163026j:plain

これに気をつけてからは、わが家もクローゼットが崩壊することはなくなりました。

▼断捨離の役立つ記事はこちらにもあります。

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ
断捨離でゆとり生活
にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

まとめ

クローゼットがない家では、手作りでクローゼット収納を作りたいという方もいると思います。

もし、私のように100均で作りたい方は、ぜひこの点は注意していただけたらと思います

『耐荷重を超える重さの服をかけないこと』

あなたもぜひ、創意工夫でお好みのクローゼットを作ってみてください。

以上、【服の収納術】100均で手作りクローゼットを作るときの注意点でした。