和泉惺翔ブログ

家族5人の暮らしをシンプル・スッキリ・豊かなものにしたい30代子育てパパ・和泉惺翔(せいしょう)のブログです。

シャボン玉が子どもの発達によい理由


先日、幼児教育のとある教室に参加したところ、講師の方から「2歳児になったらシャボン玉で遊ばせてあげてください」と言われました。シャボン玉っていうと、誤飲などが心配ですが、なぜ子どもの発達によいのか。その理由についてなるほど、と思ったのでシェアします。

▼いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

f:id:kazpa01:20180731150903j:plain

シャボン玉がよいのは「吐く練習」になるから

シャボン玉で遊ぶのが子どもにいい理由は「(息を)吐くという行為の練習ができるから」というものでした。

なぜ、吐くことを練習しなければいけないのでしょうか?

子どもは小さいときから、母乳を吸ったり、ストローで水を吸ったりと、「吸う」ことは慣れていますが、「吐く」という行為はなかなか練習する機会がありません。

ですが、呼吸で「息を吸う」「息を吐く」の両方が大切であるように、子どもの発育にとっても「(息を)吐く」ことは大切なのです。

ですから、その「吐く」ということを練習しなければならず、それを遊びながら学べるのが「シャボン玉」というわけです。

たしかに、シャボン玉は誤飲の心配があるので注意が必要です。親が付き添いながら、一緒に遊んであげることが大切ですね。

また、別の視点から見ると、「吐く」ということは「吹く」という行為にもつながります。子どもが小学校に入り、ハーモニカやリコーダーなどの楽器を吹くというときに、この経験が生かされるのかもしれませんね。

最後に、個人的にもシャボン玉がよいと思う点は、「吐く」という行為の練習ができたときに、「シャボン玉」というプレゼントがもらえることだと思います。

子どもにとって、何かを頑張ったときにもらえるプレゼントは、うれしいですよね。

子どもと一緒に頑張り、何かをできるようになったときに、ともに喜べる。そんな体験をたくさん積み重ねていきたいなって思いました。

以上、シャボン玉が子どもの発達によい理由でした。参考になれば幸いです。